雑踏に踏まれゆくもの

日々なにかに気づきつぶやきながら、社会の片隅にひっそりたたずんでます。表にでたり引っ込んだり、静かにものごと見つめています。

人生のワンカット

 

今日の関東の天気はすごかった。

 


朝はすかっ晴れのブルーの空が
顔を覗かせていたのに、

あれよあれよという間に

雲が空を覆いはじめ、

しまいには雷鳴が
空を駆け巡り大粒の雨が降り始める。

 

 

2方向に据え付けられた大きな窓から
空の変化と自然の脅威をまざまざと
見せつけられた。

 

 

 

嵐が全てを洗い流したかのごとく
雨上がりの外はさっぱりした様子で、
何事もなかったかのように
再び太陽が顔を覗かせる。

 

 

 

ああ、なんておもしろい日だろう。

 

f:id:a-minminmin:20170501171259j:image

広告を非表示にする
■スポンサードリンク