雑踏に踏まれゆくもの

日々なにかに気づきつぶやきながら、社会の片隅にひっそりたたずんでます。表にでたり引っ込んだり、静かにものごと見つめています。

見えにくいものを見るちょっとした努力

 

脱出ゲームならぬ

 

長期休暇に海外に脱出する人って
割と一定数いるんですね。

 

 


メディアの情報によると、
今回海外に出国した人たちは2,000万人で、
日本の人口の16%ぐらいの人数なのだそうです。

 

 


約2割がどっか外の世界に行ってんのね。
へー。

 

 

 


この16%は果たして少数というのか。

あるいはフツーなのか。

 

 

 

全体の2割って考えるとどうでしょうか。

 

 


数字の感覚って人それぞれですよね。

 

 


わたしの感覚では20%は多くはないけど
少なくもないという印象です。

 

 

 

 

幼き頃の淡い思い出 

 


クラスに1人はゲームなどのアイテムを
必ず発売日に持っている子がいました。

 

 

(記憶が薄いけど、裕福な家庭の子だったりしたのかな~)

 

 

翌日以降ちらほら持っている人を
見かけるようになってきますが、


わたしはそれが、、、

欲しくて欲しくてたまらないので、

 

「もうみんな持ってるから欲しい欲しい!」

 

と親におねだりしました。

 

 

 


子どもの常套手段です。

 

 

 


みんな持ってるって言いながら
実態はまだ数人というレベル。

 


でも買ってもらうために

その数人がいつの間にか大勢に変身!

 

 

 

これで世界が動くって思ったんだけど、

残念ながら動きませんでした。

 

 

しくしく。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

 

 

このみんなが持ってるという

理由付けは多数決が大好きな

日本人の特徴でもあるらしいです。

 

 

 

当時のわたしは、

まんまと当てはまってますね。

 

 

幼い頃はこのように説得の理由付けに

数字を乱暴に使った経験って

ありませんでした?

 

 

 

思い当たる人〜✋(笑)

 

 

 

 

 

で、実際は数字とはどうなのよ?


数字数字って言うから

そっちに強い人に見えるかもしれませんが、

その実態は全くもってグダグダですw

 

 

 

グダグダにプラスして、
わたしは数字でココロが動かないので、
数字は物事の決定打にはならないです。

 


しかしながら、世の中には
数字が切り札となる人もいます。

 

 


面白いものですね。

 

 

 

だからこそ、

数字を意識するように

意識的にしています。

 

 

 

あなたにとって
数字はどんな存在ですか?

 

 

 

 


人は信じられないけど
数字は信じられる!

 

とか(。-∀-)

■スポンサードリンク